« Sympo 個人情報漏洩事件とその対策 | トップページ | 弁護士論の現在 avocat »

2004/10/07

LSとデジタルコンテンツ

有斐閣のPR誌『書斎の窓』538号に、「法科大学院とデジタルコンテンツ」という鼎談が掲載されている。

明治の青山善充先生、早稲田の浦川道太郎先生、名古屋の松浦好治先生の3人である。
内容は読んで頂ければよいが、どこもデジタル・コンテンツは基本であり、パソコンでネットを経由してリソースにアクセスすることはロースクール学生の読み書き算盤である。
司法試験にコンピュータは出ないからコンピュータなどできなくてもよいという学生の声が時々聞こえてくるが、全く情けない限りである。
ま、そんなことほざく奴には、ここでいくら書いても目にとまらないのだから仕方ないのだが。

|

« Sympo 個人情報漏洩事件とその対策 | トップページ | 弁護士論の現在 avocat »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/1618772

この記事へのトラックバック一覧です: LSとデジタルコンテンツ:

« Sympo 個人情報漏洩事件とその対策 | トップページ | 弁護士論の現在 avocat »