« 同性愛の結婚とPACSと | トップページ | 法システムの正当性回復? »

2004/10/04

法科大学院の教育理念

日弁連法務研究財団が第三者評価の際の基本的な理念として掲げる教育理念は、2つのマインドと7つのスキルにまとめられている。

2つのマインドとは法律専門職責任であり、法曹の使命責任の自覚と法曹倫理である。
7つのスキルとは以下の通り。
1. 問題解決能力
2. 法的知識(基礎的、専門的知識と法情報調査能力)
3. 事実調査・事実認定能力
4. 法的分析・推論能力
5. 創造的・批判的検討能力
6. 法的議論・表現・説得能力
7. コミュニケーション能力

法科大学院の教育が、これらのマインドとスキルを育てるものであればよいが、手っ取り早く法的知識を詰め込むだけになってしまっては、法曹養成教育とは言い難い。
時間はかかっても、こうした能力の開発に努めなければならない。

|

« 同性愛の結婚とPACSと | トップページ | 法システムの正当性回復? »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/1594699

この記事へのトラックバック一覧です: 法科大学院の教育理念:

« 同性愛の結婚とPACSと | トップページ | 法システムの正当性回復? »