« 国際Symposiumのお知らせ | トップページ | 明日はWinny第2回公判 »

2004/09/23

高市早苗の結婚と夫婦別姓

中日新聞の囲み記事によれば、落選した高市早苗さんが当選した山本という議員さんと結婚したそうな。
日刊スポーツは芸能ニュース扱いだ。

おめでとうございます。

その高市さんは、夫婦別姓反対で知られる有名人なのだが、注目の姓はどうするかというと、山本姓に変えるとのこと。しかし政治活動は続けるし、そのときは「通称」高市ででる可能性もあるとのこと。

高市さんの夫婦別姓問題に関する考え方を明らかにしたページを探して色々うろついたが、アットカフェというページにまとまって書かれていた。
これを読むと、夫婦別姓を戸籍上も認めるのはダメだが通称使用を公的にオーソライズすることで仕事の必要に答えるというのが彼女の考えだ。今回の行動も、それに適ったものとなっている。

しかし、それで果たして家族としての一体感だの少子化対策だのの役に立つのだろうか?
そもそも夫婦別姓にすると夫婦家族の一体感の妨げになるというのがよく分からないのだが、通称であれなんであれ別の姓を名乗る大人が一世帯にいると多少の混乱はある。ところが事実婚で別姓ならそれぞれの姓をいつも使用するのだが、改姓して旧姓を通称使用すると、混乱はよりひどくなる。使い分けなければならないからだ。

使い分けは、通称使用する本人のみならず、その配偶者も、さらには子供や同居親などもやらなければならない。
高市さんと山本さんの夫婦に子供ができると、その子供には「高市さんのお宅ですか」「山本さんのお宅ですか」のいずれにも「はい」と答えるように訓練しなければならない。電話だけでなく、ビザや寿司の出前、町内会やPTAの関係など、すべてにわたって、どう使い分けていたかを記憶して間違えないようにしないといけない。
そのうち、「妻が夫の姓をなのらないのは怪しからん」と心から思うオヤジ(たいていの場合)が山本議員の選挙区に現れたりすると、さらに厄介なことになる。そういうオヤジにとっては、夫婦が夫の姓で一体化していないことがたまらなく不快で、家族の一体感を損ない子供が犠牲になっていると言いだしがちだからだ。そういうオヤジに「戸籍は同姓なんですよ」と抗弁したって説得力はないだろう。「生意気な女が屁理屈こきやがってと」思われるのがおちだ。

夫婦同姓強制が家族の一体感を維持するのに役立つという主張が、同じ姓で生活することでいつも家族であることを表示し、家族として扱われることで家族であることを実感するという効果を目指しているのであれば、通称としての別姓使用は最悪の選択かもしれない。
まして、前述のオヤジみたいなのが親戚に紛れ込んでいたりすると、もう絶望的である。

ま、高市さんも結婚して経験を積めば、色々と考えも発展していくだろう。
彼女自身の幸せのためには、通称使用が軋轢を生まずにうまくいくことを願っているが、妻のキャリアなど関係ないと息巻く「同姓強制」論者が近くにいてイジメられる通称使用者も存在しうることを理解してもらいたいものだ。

|

« 国際Symposiumのお知らせ | トップページ | 明日はWinny第2回公判 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

「夫婦同姓」の日本は「世界一安全な国」
「夫婦別姓」の国は「犯罪多発国家」
アメリカの刑務所・拘置所収容人員は207万人(日本は7万弱)
スウェーデンの強姦事件は日本の20倍!強盗は100倍!
スウェーデンの「少年非行の発生率」は日本の14倍!
「別姓論者(フェミニスト)」よ!あなた方は日本をこのような「犯罪多発社会・女が夜一人歩きできない社会」にしたいのか?!
私は絶対に反対する!!!

投稿: 紫藤ムサシ | 2004/12/19 23:53

高市さん、当選されましたね。
自民党にも、野田聖子さん(確か夫婦別姓賛成派だったかと)、小渕優子さんなど「通称使用」されている方が出てきましたね。通称を使用され当選したとあっては、今後、高市さんが夫婦別姓(またはその法案)に対し、どんなことをおっしゃるのかがいろんな意味で楽しみです。
自民のみならず、議員さんの中には『、「妻が夫の姓をなのらないのは怪しからん」と心から思うオヤジ』も少なからずいらっしゃることでしょう(この場合、オヤジというのは男女問わず)。それについて高市さんがどのように反応されるのか、注目していきたいと思います。当選したときに「総理、ほめてください!」と言うようなメンタリティーの持ち主ですから…。

投稿: nochi | 2005/09/15 11:05

申し訳ありません。あらためて調べてみたら、野田さんは、いわゆる「事実婚」のようですね。そんでもって、小渕さんは戸籍名が「小渕」のようです。事実誤認でした。なので、以下のように訂正します。

野田聖子さん(確か夫婦別姓賛成派だったかと)、小渕優子さんなど「通称使用」されている方

野田聖子さんや小渕優子さんのように、夫婦別姓に(条件付きであっても)賛成されている方

小渕さんの姓、変わってないんですね。逆に「変えられないのかもなあ」、なとど考えてしまいます。それも、なんかすごい…。

投稿: nochi | 2005/09/15 11:29

小渕さんの場合は、小渕家の跡取りとして議員をやっているので、変えられないでしょうね。

高市早苗は、別姓に反対して、通称使用で問題ないじゃないか、我慢しなさいという人だったので、通称経験を活かして考え方を改めたとしたらいいんですけど、変わるかな?

投稿: 町村 | 2005/09/15 13:47

やっぱ、「小渕家」を背負ってるんですかね。でもまあ、本人がそうしたいならそうすればいいのですが。

夫婦別姓について話していると、私はいつも「家」というモノについて考えてしまいます。
ニュース番組の特集などで、夫婦別姓についてとりあげていることもありますが、いつも、「なぜここにいたるまで審議されないままなのか」というところまで踏み込んでほしいなあ…と、もどかしい思いがします。

別姓に反対されている方の意見を聞くと、「家」とか「家族」とかに対する幻想ってすごいんだなぁ…と、その“純粋さ”に、なんだか感動さえ覚えてしまいます(^^;)

投稿: nochi | 2005/09/15 15:12

いやしかし、別姓を法制化して欲しい人たちの中には、一人娘に家を継がせたい人も相当程度入ってきてますから、別姓賛否にかかわらず、「家」とかに対するすごい幻想がはびこっているんでしょう。

投稿: 町村 | 2005/09/15 17:35

>>別姓を法制化して欲しい人たちの中には、一人娘に家を継がせたい人も相当程度入ってきてます


そう言われれば、そうでした。

ちょっと前になりますが、ニュース番組で、夫婦別姓の特集を(といっても10分ぐらい)やってました。その中に出てきた人で、大変にめずらしい苗字の方がいらっしゃいました。詳しくは忘れましたが、いわゆる「由緒ある」苗字だということでした。
彼女は確か「これまで受け継がれてきたこの姓を、子どもにも孫にも継いでもらいたいから、姓は変えたくない」…というようなことをおっしゃっていたように思います。だから彼女の子どもたちは、兄弟の中で姓が違っていて、それを特に気にしているふうでもなく、むしろ、その姓が好きなようでした。

その光景に、「本当にいろんな家族がいるのね」と頼もしく感じ、また同時に「“家”って切ないなぁ」とも思ってしまいました。

私自身は、夫婦別姓がはやく実現してほしいと思っているのですが。「姓」=「家」なのなら、それはそれで淋しいなあとも感じています。
と、それはあくまで私の感情でしかないのですが…なんか暗くなってしまった。すみません(^^;)

投稿: nochi | 2005/09/15 20:01

こんにちは。
高市早苗さんはいまだに通称使用の便宜を図るための法制化を唱えているようです。法務省にも無理・矛盾があると説明されたはずなのに、平然と言い続けていて頭が痛いです。けっこう多くの人が通称の法制化が可能だと信じてしまっていますし。

nochiさん、私のブログにもコメントをありがとうございます。先日のニュース番組とはこちらですね。
http://fb-hint.tea-nifty.com/blog/2005/06/tbs_41b0.html

投稿: 夫婦別姓を待つ身 | 2005/09/16 21:00

そうそう、コレです!
「夫の姓と妻の姓、その両方を使用したい」…これは、私の希望でもあります。

実は、こちらのブログも、「夫婦別姓を待つ身」さんのブログも、今回の選挙後に初めて知りました。選挙の結果にどうしても納得いかなくて、いろいろ検索して出会ったモノです。コメント読んでくださったんですね。ありがとうございます。また来ます。

投稿: nochi | 2005/09/18 10:50

はじめまして、映画ブログの合間に時事問題も書いている晴雨堂です。
 
 夫婦別姓になると家族の結束が弱まり離婚率が高くなる、というのはやはり一理ありますね。
 
 もともと苗字いうのは特権や私有財産のある血縁地縁集団の看板として機能していました。庶民にとってはあってもなくても不都合ではなかったのです。
 ところが、明治に入って全員苗字を持たされました。これは同時に、封建的家制度や家父長制から無縁だった庶民を組み込む効果があったのです。
 
 もともと庶民は家名がどうの跡取りがどうのと気にしなかったし気にする必要が無かった。ところが明治に入って武家文化に染まってしまいました。教育もあるが苗字も大きい。
 
 選択性なので、別姓にしては不都合な方は同姓にするし、都合よい方は別姓にするでしょう。それだけの事ですが、マイナス影響は無いとはいえません。

投稿: 晴雨堂ミカエル | 2009/09/30 01:00

芸能人で本名でやってる人のほうが少ない。問題なし。

投稿: れん | 2010/03/13 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/1501680

この記事へのトラックバック一覧です: 高市早苗の結婚と夫婦別姓:

» 夫婦別姓ではないと言われても [夫婦別姓を待つ身の溜息]
元衆議員高市早苗氏がご結婚なさったのは現職衆議員で同じ森派の山本拓さん。誰かと1 [続きを読む]

受信: 2004/09/26 16:00

« 国際Symposiumのお知らせ | トップページ | 明日はWinny第2回公判 »