« アミティとライファーズ | トップページ | 万博と大学の授業 »

2004/09/14

民訴の問題

ニュースに触発されて民訴の問題を一つ。

Y信販会社が、Xの名義で購入申込みのあった電化製品の代金を、契約書記載の住所に宛てて請求し、期限までに支払がなかったため、福岡簡裁に代金支払い請求訴訟を提起した。この訴状は契約書記載の住所に送達され、実際に訴状を受領したのはXの母親Aだったが、Aは書類の意味を理解できず何もしなかった。その結果X敗訴の判決が下され、これも契約書記載の住所地に送達された。
ところが給料差押えを受けたXは、その経過を全く知らなかった。実家でYからの請求書類が発見されたが、その契約書の署名はXの弟の交際相手の女性のものに酷似しており、その女性は別の刑事事件で服役中だという。

さあ、あなただったらどうする?

|

« アミティとライファーズ | トップページ | 万博と大学の授業 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/1433626

この記事へのトラックバック一覧です: 民訴の問題:

« アミティとライファーズ | トップページ | 万博と大学の授業 »