« 北海道の高校が初めて甲子園決勝に! | トップページ | 駒大苫小牧、まさかの快挙! »

2004/08/22

TasmaniaのDV政策

ドメスティック・バイオレンスに対する対策は、世界中でブームとなっているかのようだが、タスマニアでも新しいDV対策(ここではFamily violenceというらしい)が始まったとのこと。
司法省の担当者に話を聞いた。

今年から始まった新制度では、DVの諸形態、直接的な暴力だけでなく、人前での侮辱、経済的な締め付けなども含めて、犯罪としており、しかもそれは親告罪ではないとのことなので、警察が認知すれば被害者の申告がなくとも検挙される。
必ずしも刑事訴追されるとはかぎらず、心理的なセラピーにかけられることもあるようだが、ともかく摘発される。

民事的な保護命令などによる救済はもちろん整備され、またシェルターも公設のものが用意され、州により警備も付けられている。

こうした対策にはかなりの予算がつぎ込まれたが、目的はとにかくDVを減らすこと、州民が安全に暮らす環境を州の責任で整備することで、そうすることで逆にDVの対策にかかる費用が減らせるというのが本音のようだ。

このやり方がよいかどうかは、正直言ってよく分からないし、親密圏の自律性(法は家庭に入らす)という観点も重要ではないかという感想を持ってしまう。
いずれにせよ、新しい政策の実施成果が出るのが楽しみである。

|

« 北海道の高校が初めて甲子園決勝に! | トップページ | 駒大苫小牧、まさかの快挙! »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/1248221

この記事へのトラックバック一覧です: TasmaniaのDV政策:

« 北海道の高校が初めて甲子園決勝に! | トップページ | 駒大苫小牧、まさかの快挙! »