« タスマニアとメルボルン・道路交通事情 | トップページ | ブログウォッチャー »

2004/08/19

オーストラリアには検察官がいない?

オーストラリアにおいて、私人訴追制度があるため検察官がいないとの記述を日本の文献かウェブのどこかで読んだ。しかし、オーストラリアに来てみるとそれは全くの誤りであることが判明した。

確かに、私人訴追制度はあるようだが、それは重要でなく、検察官の公訴提起が優先する。
検察官は、Director of Public Prosecution などという名称ですべての州に存在し、専門職である。

学生諸君には常々、本に書いてあることを鵜呑みにするんじゃない、予備校テキストも間違っていることがあると言っておきながら、うっかり「私人訴追の国」などと早とちりしそうになってしまった。実際あちこちの裁判所や政府機関の人に、「この州には検察官はいるのか?」と質問しては、怪訝な顔で「もちろんいる」との答えをもらったが、その程度の恥で済んでよかった。

|

« タスマニアとメルボルン・道路交通事情 | トップページ | ブログウォッチャー »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/1230890

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアには検察官がいない?:

« タスマニアとメルボルン・道路交通事情 | トップページ | ブログウォッチャー »