« 民法の難解さ(続き) | トップページ | 刑法の近寄り難さ »

2004/08/01

民法の難解さ(続々)

コトバだけではないのが民法の難しさだが、その理論にもすこぶる難しさがある。

例えば、ある物の売買契約を締結したら、その物は誰の物になるだろうか?
普通は、売買契約が成立したのだから、買い主が持ち主になると考える。売り主から買い主に、その物の所有権が移るのは至極当然だ。民法にもそうやって書いてある。

ところが、昔の偉い先生はそうは考えなかった。売買契約が成立しただけではその物の所有権が移らず、所有権を移す行為をしないとならないというのだ。

感覚的には、例えば大根を八百屋さんで買うときはこんな感じになる。
「この大根下さい。」
「あいよ」と新聞紙に包んでくれる。
「ほい、150円」といって、150円と引換に手渡す。

契約は、「この大根下さい。」「あいよ。」で成立するが、物理的にお客の手に大根が渡るのは、金を払って引換に渡してもらうときだ。そうだとすると、所有権が移るのもその引渡のときだと考えることもできる。

そしてこれをドイツ風に理論を構築して、売買契約という債権行為だけでは互いに所有権を移したり代金を支払ったりする義務が発生するだけで、実際に所有権を移転させるという(物権的)効果を生じさせる「物権行為」が必要だといったりする。

これと同じような理論構成が、契約の解除の効果をめぐってもでてくる。売買契約を解除したら、買い主にある所有権が当然に売り主に戻るのか、それとも解除によって所有権を戻せという請求権が売り主に生じるだけなのか?

こんなことはどうでもいいと思われるかもしれないが、取引行為の基本的な仕組みに関わることだけに、正確な理解が欠かせない問題でもある。

具体例としてはオンラインオークションによる落札は契約成立を意味するのかどうか、という問題がある。
素人目には、オークションで落札したのだから、もうその売買契約は成立したと考える。
しかし、少なくとも最大手のヤフーはそのように考えていないし、現にオークションのセラーもビッダーも落札後に価格交渉を始めたりする。そして、それはそれで現実の当事者の公平な関係に合致していたりするのだ。

かくして民法は難しい。単にコトバだけ手直ししたり仮名をカタカナから平仮名に換えたり漢字を優しくしたりしたぐらいでは簡単で素人でも理解できるようにはならない。それが私人間の取引の公平さを実現するためにとられている解釈だとすれば、むやみに単純化することは有害とさえ、いえるのだ。

|

« 民法の難解さ(続き) | トップページ | 刑法の近寄り難さ »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

民法は,難解で理論が複雑怪奇で学説も多く,3次元連立方程式を解くみたいでした。それゆえに,小生は,刑事畑でメシを食う事にしました。m(_ _;)m

投稿: ハッカ飴P | 2004/08/02 02:29

しかし刑事法が難解でないことはまったくないし、メシを食うには民法もマスターされたのだから凄いっすよ。

それに、最近は検察官が家事事件で上告までするらしいですから、仕事上も縁なきとは言い難いですね。

でも昔は家事事件の職務上の当事者になった検察官って、ただ座って否認しているだけって習った気がするんですが、ありゃ偏見かな?

投稿: 町村泰貴 | 2004/08/02 08:07

訴訟マニアの国賠訴訟の答弁書の下敷きを書くというお仕事もあります。うぅ。本人訴訟の手書きの訴状は,善意に解釈してもイミフなものが多くて……。
家事事件は,最近はDNA鑑定で一見落着が多くなりました。そこでギャグ。「なお,被告検事正は,わっしゃ隠し子を作った覚えはない!と酒席で主張している。」

投稿: ハッカ飴P | 2004/08/03 01:29

しかし最近では、血縁関係があっても親子じゃない場合があり得るから、今後はどうなるやら。
卵子提供者が母親になれないのなら、精子提供者も父親とは言い難くなるでしょう。

投稿: 町村泰貴 | 2004/08/03 08:14

代理母のような人事訴訟が起こらないことを願うばかりです。戸籍の性別変更特例法のように,立法的な解決が図られることを願うばかりです。

投稿: ハッカ飴P | 2004/08/04 02:00

はじめまして。erinaと申します。
7月の終わりに、Trackbackをしてただいていたのに、blogを新しくしたので気づきませんでした・・・。
ご挨拶がこんなに遅くなってごめんなさい。
blogを読んでいただき、ありがとうございます^^

法のこと、民法のこと、そのほかのこと・・・すべて楽しく真剣に読ませていただいています^^

またこちらに伺います♪


投稿: erina | 2004/08/04 04:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/1099529

この記事へのトラックバック一覧です: 民法の難解さ(続々):

« 民法の難解さ(続き) | トップページ | 刑法の近寄り難さ »