« 消費者団体訴権、損害賠償の必要性 | トップページ | PBを外付けHDに »

2004/07/07

共同相続人の間で相続人の地位不存在確認

表記の訴訟は相続人の全員による固有必要的共同訴訟であるとの最高裁判決が出た。

最高裁ホームページより最判平成16年7月6日

 1 記録によれば,本件の概要は,次のとおりである。
 (1) A(以下「A」という。)は,平成9年3月14日死亡した。その法定相続人は,妻であるB並びに子である上告人,被上告人,C及びDである。
(2) 上告人は,被上告人がAの遺言書を隠匿し,又は破棄したものであり,被上告人がした上記行為は民法891条5号所定の相続欠格事由に当たると主張し,被上告人のみを被告として,被上告人がAの遺産につき相続人の地位を有しないことの確認を求める本件訴訟を提起した。
 2 被相続人の遺産につき特定の共同相続人が相続人の地位を有するか否かの点は,遺産分割をすべき当事者の範囲,相続分及び遺留分の算定等の相続関係の処理における基本的な事項の前提となる事柄である。そして,共同相続人が,他の共同相続人に対し,その者が被相続人の遺産につき相続人の地位を有しないことの確認を求める訴えは,当該他の共同相続人に相続欠格事由があるか否か等を審理判断し,遺産分割前の共有関係にある当該遺産につきその者が相続人の地位を有するか否かを既判力をもって確定することにより,遺産分割審判の手続等における上記の点に関する紛議の発生を防止し,共同相続人間の紛争解決に資することを目的とするものである。このような上記訴えの趣旨,目的にかんがみると,上記訴えは,共同相続人全員が当事者として関与し,その間で合一にのみ確定することを要するものというべきであり,いわゆる固有必要的共同訴訟と解するのが相当である。

今忙しいのでコメントはまた後日

|

« 消費者団体訴権、損害賠償の必要性 | トップページ | PBを外付けHDに »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/919778

この記事へのトラックバック一覧です: 共同相続人の間で相続人の地位不存在確認:

« 消費者団体訴権、損害賠償の必要性 | トップページ | PBを外付けHDに »