« 技術の進歩と法のダイナミズム2 | トップページ | 初夜権 »

2004/06/28

ウィニーシンポ

本日はWinnyシンポがあった。

会場は8割方埋まって、大盛況であった。この問題への関心の高さをうかがわせる。
第一部の技術的側面に関する報告では、最初の報告者宇田氏がウィニーの機能を解説し、特に暗号による匿名化機能はほとんど役に立っていない、ウィニーを起動し、何をアップしたりキャッシュに蓄えたりしているかは外部から特定可能であると強調した。「これを聞いて気分が悪くなった方はお家にお帰りになっては」という「ユーモア」は、少々失敗であったかも。
次の岡村耕二氏は、九大のネットワーク管理者の立場から報告した。ネットワーク管理者は、情報倫理問題が大学執行部の大きな関心事にならざるを得なくなってきた現状で、官僚的に振る舞わざるを得ず、P2Pソフトの使用禁止を検討してきたし、その禁止に踏み切る方向でいるとのこと。
丸山宏氏の報告は、P2Pにおいて不正コピー防止は可能か、というタイトルであったが、その問には直接答えず、防止よりも抑止が効果的であることと、Winnyのような技術をディスカレッジすることの危険性に言及していた。

第二部は法律関係で、最初は岡村久道氏。アメリカと日本の関係判例を簡潔に紹介した。次は弁護団を代表して壇弁護士。

壇先生が登壇中
20040628143725.jpg

壇弁護士は、Winny開発者の逮捕が経済産業政策としての損失と処罰の無限定な広がりをもたらす恐れを強調した。
そして落合洋司弁護士が最後に、招待に答えてもらえなかった権利者団体の見解を、公開されている内容から紹介し、それぞれ当を得ない点に疑問を呈していた。

パネルディスカッションでは、様々な論点がたたかわされたが、肝心の権利者団体ないし警察の見方を述べる人がいなかったため、総じて対立軸が明確にならないものであった。
ただ、最後にWEB110の吉川さんが、「それでは被害者はどうすればよいのか」という問題提起をしていたが、きちんとした議論になるのには遅すぎの感があった。

なにはともあれ、パネリストのみなさん、お疲れ様。

|

« 技術の進歩と法のダイナミズム2 | トップページ | 初夜権 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

町村先生、昨日はゆっくり
ご挨拶する間もなく
失礼致しました。

昨日のワークショップ、
ですが、私の講演は、
すっかりカミカミに
なってしまいました。
言いたいことを、手短にとか、
ギャグを入れてはいかん
とか考えながら、
時計の針が動いてるのが
目に入ると、
もう焦ります。
私には、法廷の方が楽です。

私としては、
これだけ多くの皆さんが
熱意を持って議論することは、
それだけで有意義であったと
思います。
当初、オタクの猟奇的犯行
のような報道がされていたことを
考えると、今回のメディアの取り上げ方は
感慨深いものがあります。
しかし、私は、言いたいことの
半分も言っていません。
機会があれば、どこにでも行きます。
今度は、できれば支援者の方々に呼んで
頂きたいですね。

で、早速某スレッドの書き込みが
取りざたされてますが、
あれは、会場まで来て頂いた人の
為に特別ネタ提供のつもりでした。
あっというまにオープンに
なっちゃいましたが。。。。

投稿: 弁護士壇俊光 | 2004/06/29 11:09

ちなみに、昨日の講演で使ったパワーポイントは、
配布資料とはちょっと異なっています。
作成途中のものが、そのまま配布資料に
なっちゃいました。

で、配付資料に間違い発見です。
著作権法上の問題について
誤 「3年以下」の懲役
正 →「1年半以下」
誤 「300万円以下」の罰金
正 →「150万円以下」
ですので訂正しておいてください。

ちなみに
winnyの配布の方が罪が重くなるという
点は同じです。

投稿: 弁護士壇俊光 | 2004/06/29 12:45

言い放しで
誤解を招くような事を言っているので、
解説します。

著作権法幇助は法定刑は、正犯の刑を基準にするので、
3年以下の懲役又は300万円以下の罰金となります。
しかし、
実際には、幇助は必要的減軽なので、
処断刑の計算の際には、
法定刑より軽減されます。

処断刑の計算は、累犯加重、
法律上の減軽
併合犯加重、酌量減軽を経ます。
1罪であれば、酌量減刑、
累犯加重なければ、
1年半以下の懲役
又は150万円以下の罰金
となります。
他にも罪があれば、併合罪で
その1.5倍以下の罪で処断刑が
課せられます。
この点、
指摘を受けて配付資料を見直したら、
かなり誤解を招く記載になっています。
関係者に対しては、ご迷惑おかけしました。
申し訳ございません。

でも、
正犯と同一の法定刑 ○
正犯と同じで刑が科せられる ×
というのは、一般には
わかりにくいですよねぇ。

投稿: 弁護士壇俊光 | 2004/06/29 14:47

壇先生お疲れ様でした。
これからが正念場ですね。
何かいいアイデアがあればまた書き込んでください。

投稿: 名無しさん | 2004/06/29 17:40

明らかな釣りにあったようで、
気が進みませんが、
支援者の会で話をする場合、
基本的にプロボノです。

ただ、新宿コマ前で
「ぬるぽ」の紙を持つことまでは
しませんので、ご了承ください。

投稿: 弁護士壇俊光 | 2004/06/30 18:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/858592

この記事へのトラックバック一覧です: ウィニーシンポ:

» Winnyワークショップ [裏AnchorDesk]
つーわけで昨日はWinnyのワークショップに出席。情報ネットワーク法学会会員としてこれは外せないイベントですな。 2ちゃん方面ではWinnyの解析結果の発表を... [続きを読む]

受信: 2004/06/29 09:58

« 技術の進歩と法のダイナミズム2 | トップページ | 初夜権 »