« メールが消える・・・ | トップページ | DV離婚の国際裁判管轄 »

2004/06/22

JSAAに馬術の五輪代表選考が問われる

朝日新聞によると、馬術の五輪代表選考を巡る加藤麻理子選手が、日本スポーツ仲裁機構に代表決定の取消を求めて仲裁申立をするとのこと。

あの千葉すず事件ではスポーツ仲裁裁判所が舞台だったが、日本のスポーツ仲裁機構が五輪代表選考を裁くのは初めてである。

これまでの仲裁判断は3件。内最初の1件は申立人の言い分が通ったが、最近2件はいずれも申立棄却に終わっている。
少なくとも新聞で読む限り、加藤選手のケースは代表選考過程が不明朗な感じがする。仲裁判断が下されれば、その裁定書はウェブに公開されているので、明確さは完全であり、公正な裁定が期待できそうである。

|

« メールが消える・・・ | トップページ | DV離婚の国際裁判管轄 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/818134

この記事へのトラックバック一覧です: JSAAに馬術の五輪代表選考が問われる:

« メールが消える・・・ | トップページ | DV離婚の国際裁判管轄 »