« 破産法改正法成立 | トップページ | ACCSも認めるP2P技術進歩の必要性 »

2004/05/27

衆議院議員からのスパム?

ある民主党の衆議院議員から、下記題名のメールが来た。

洋盤CDが危ない!横浜緊急市民集 会−どうなる?著作権法の衆議院審議− のご案内
D:05/27 09:04

別に匿名にしたいわけではないが、お名前は今思い出せない。
また、表題から見て興味はあるし、ほかの人にも勧めたい気もする。しかしこの集会は今日だというし、しかも横浜ではとてもふらりと立ち寄る気にはなれない。

それはともかく、私はこの差出人に心当たりがないのだ。ひょっとしたら昔何かの件でメールを送っている可能性もあるが、覚えていない。
学会会員の可能性もあり、あまり失礼なことは控えておいた方が無難だが、スパムの一種に入るだろう。

この人の情報管理がしっかりしていて、ウイルスなどで保有するメールアドレスが流出しないよう、祈るばかりだ。

町村泰貴@foma

|

« 破産法改正法成立 | トップページ | ACCSも認めるP2P技術進歩の必要性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院議員からのスパム?:

« 破産法改正法成立 | トップページ | ACCSも認めるP2P技術進歩の必要性 »