« 民訴学会一日目2 | トップページ | 民訴学会一日目4 »

2004/05/15

民訴学会一日目3

三番目の報告は筑波大学の村上正子助教授による「外国非訟裁判の承認・執行制度再考--子の監護・扶養に関する裁判を中心に」

外国裁判所が下した子の監護、扶養に関する裁判の承認・執行の余地を認め、その要件や事情変更の可能性を検討し、解釈論を提示し、立法論も展開する。

非訟ということでまとめているが金銭債務かどうか、家事調停やADRの場合はどうか、色々考えてみたい問題である。


町村泰貴@foma

|

« 民訴学会一日目2 | トップページ | 民訴学会一日目4 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/598269

この記事へのトラックバック一覧です: 民訴学会一日目3:

« 民訴学会一日目2 | トップページ | 民訴学会一日目4 »