« 金春・中国における再建型倒産・・ | トップページ | 民訴学会一日目2 »

2004/05/15

民訴学会一日目1

2004年の民訴学会一日目は個別報告が4本。
最初は大阪大学の下村真美教授の「「第三者の執行担当」に関する基礎理論の試み」
訴訟担当があれば、執行レベルでも第三者が担当する現象があり得る。サービサーのような、執行レベルのみの担当が可能でもある。
その許容性根拠を類型的に論じられていたが、高見先生の質問には答えられていなかった。

後、団体訴権やクラスアクションの場合の考え方、被告側の考え方など、興味をかきたてられる。

町村泰貴@foma

|

« 金春・中国における再建型倒産・・ | トップページ | 民訴学会一日目2 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/597975

この記事へのトラックバック一覧です: 民訴学会一日目1:

« 金春・中国における再建型倒産・・ | トップページ | 民訴学会一日目2 »