2023/05/23

Book:中澤佑一先生の『発信者情報開示命令活用マニュアル』

ご恵贈頂いたのでご紹介。中澤佑一先生の『発信者情報開示命令活用マニュアル

 

Img_4925

» 続きを読む

| | コメント (0)

2023/05/08

ChatGPTをゼミの発表に使った事例

20230508-125210
使っちゃいかん、いや、使ってもいいけど、その回答をそのまま自分の解答として発表してはいけない。

ついに、ゼミの報告にChatGPTで出てきた内容をそのまま自分の発表内容として使用する学生が現れたので、本日はその学生にみんなの前でChatGPTにどういう質問をしてどういう答えが出てきたのかを説明させ、その内容がデタラメであること、ほかにも平気でデタラメを答えるということを例によって「町村泰貴って誰か」という質問をさせてみて答を読み上げさせた。

例によって、町村泰貴というのは千葉選出の自民党の衆議院議員ですとデタラメを答えるので、学生たちがこれは信用できんぞと印象深く思ってくれれば良いと思う。この画像のようにデタラメはデタラメでもそのときによって違う答えが出てくるので、余計に始末が悪いとも言える。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2023/05/07

このブログと法科大学院は創立19年

このブログが始まったのは2004年の5月2日で、満19年、20年目に突入である。

ということは、ロースクールが開学してからも同じ19年が経過したわけで、来年はロースクール制度創設20周年記念となる。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2023/05/04

#ジャニー喜多川 氏の性加害疑惑について、情報整理の決定版

中田敦彦氏のYouTube大学

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2023/03/28

Book:有斐閣ストゥディオ民事訴訟法[第3版]

新年度に向けて、民事訴訟法の教科書は皆、IT化を織り込んだ新版ラッシュとなるのではないかと思われる。


早速、有斐閣ストゥディオ『民事訴訟法[第3版]』がIT化を織り込んで出されたので、ご恵贈本を一読してみた。


 


ごく簡単に、ではあるが改正点を織り込んだ説明となっており、有用である。 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2023/03/25

ダルク宮古島訪問

宮古島にあるダルクを見学した。

20230325-190619

ダルク宮古島のウェブサイトに掲載されている写真をスクリーンショットしたものだが、宮古島の修道院の建物を引き継いで運営しているため、敷地も建物も広大ではあるが、維持管理には苦労していることがうかがわれた。

訪問したときの写真はインスタグラム参照。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2023/03/24

arret:孤立出産した外国人技能実習生の死体遺棄を無罪とした最高裁判決

最判令和5年3月24日判決全文PDF

 技能実習生の被告人女性が、双子の赤ちゃんを自室で出産し、まもなく亡くなった双子をタオルでくるんでダンボール箱に入れ、棚の上に保管していたところ、その翌日に検査を受けて出産したことを話したため知られることとなったという事案において、第一審は不作為による死体遺棄、原審は外から死体があるとわからない状態にしたことで隠匿したものと評価し、死体遺棄の成立を認めた。

 これに対する上告審が、逆転無罪判決を下したのが本判決である。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2023/03/19

Chat-GPT先生に #天安門事件 とは何か、何人殺され誰が失脚したかを聞いてみた。

中国共産党がChat-GPTで不都合なことが答えられているとナーバスになっているというニュースを見て、それではと、今のChat-GPT先生が天安門事件にどう答えるのかを聞いてみた。

Q 天安門事件とはどのような内容でしたか

A 天安門事件は、1989年6月4日に中国の首都・北京の天安門広場で起こった大規模な抗議行動を指します。

この抗議行動は、民主化と自由を求める学生らによって展開され、当時の中国共産党政権に対する不満や反発が背景にありました。抗議行動は広がりを見せ、北京市内外から多数の市民が参加し、天安門広場周辺には数万人が集まりました。

しかし、政府は抗議行動を弾圧し、兵士や戦車を投入してデモ隊を鎮圧しようとしました。結果、多数の市民が死亡・負傷し、事件は世界中で大きな衝撃を与えました。

この事件は、中国政府による言論・表現の自由の抑圧や民主主義の欠如、人権侵害などを象徴する出来事として知られています。また、事件後、政府は抗議行動に関与した人々を逮捕し、処刑や投獄などの弾圧を行い、その後も長期にわたって報道規制や言論統制が続きました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

Book:ジャンヌ

今年読んだ14冊目は『ジャンヌ

 

ジャンヌ・ダルクの話ではなくジャンヌ・ダルクにちなんで名前を付けられたロボットの物語。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2023/03/13

Cinema:オット―という男

今年見た3本目は、『オット―という男』

"accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture; web-share" allowfullscreen=""> 

NHKあさイチで紹介されていたので、Winnyのついでに衝動的に見てきた。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«Cinema: Winny