2021/09/22

cinema:#サマーオブソウル

今年見た映画4本目はサマーオブソウル


 


 


もう、ただただ圧倒される思いだ。 


 むき出しの暴力に対して、徐々に抵抗が成功していった時代の希望であり、またある種のガス抜きでもあり、アジテーションでもあった。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/09/16

Book:事例で考える民事訴訟法

名津井吉裕先生、鶴田滋先生、八田卓也先生、青木哲先生の共著になる事例で考える民事訴訟法 (法学教室LIBRARY)を送っていただいたので、ご紹介。

 

邦楽教室の連載が土台となっているが、事例を題材として解説するというオーソドックスなスタイルの中に、論文の書き方指導のコラムがあったり、また民事訴訟法の体系から本書のどの事例に関係してくるのかの対応表がついていたり、ユニークな工夫が散りばめられている。 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/09/14

最近買った本:むずかしい天皇制

大澤真幸・木村草太『むずかしい天皇制』 

 ざっと目次を見ただけでも、現代における天皇のあり方だけでなく、歴史の中の天皇のあり方も追求されていて、読み応えがありそうだ。

 

 おりしも、天皇制に関わる議論が進行中で、1つは皇統維持のための方法論、もう一つは眞子さまの結婚問題で、全然逆方向ながら天皇制のあり方に興味深い問題を突きつけている。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/09/13

最近買った本:組織内弁護士の実務と研究

組織内弁護士の実務と研究 

 進境著しいインハウスローヤーだが、女性法律家の最初の職場としても適している、選ばれる存在となっている。

 

法曹養成をめぐる政策の中でも無視できない存在となってきた。 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/09/12

最近買った本:檻を壊すライオン〜時事問題で学ぶ憲法

檻を壊すライオン 

 

この本には、前書がある。檻の中のライオンというもので、私はまだ見ていない。 

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/09/11

9.11から20年

同時多発テロNHK映像 

この映像にある二機目のカミカゼアタックは帰宅後、生で見た。
一機目の報を、新大久保の今は道路になった中華料理屋の前あたりで妻に電話で知らせながら帰宅を急いだのを覚えている。 

その翌日、勤務先の大学から半年留学のプログラムで東ワシントン大学に行く予定だった学生たちが、1日出発を遅らせて、急遽私も引率で着いて行くことになり、13日にSeattleへ行った。その後、飛行禁止となり、Seattleからワシントン州東部の町チニーまではバス移動となった。楽しかったけど。 

» 続きを読む

| | コメント (0)

最近買った本:カリンと学ぶ法学入門 第2版

カリンと学ぶ法学入門〔第2版〕 

小樽商科大学の法学入門を想定した、要するに非法学部の法学入門を想定した本で、初版からだいぶたっていたところ、改訂版がでた。といっても出たのは少し前だが、弁護士会館に行ったついでに見かけたので買ってきた。

 

大変残念なことに、民事訴訟法も、裁判法的な単元もないのだが、それはまあ個人的な残念さかもしれない。 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/09/07

book:代官山コールドケース

今年読んだ44冊目は、道警シリーズなどでおなじみになった佐々木譲の代官山コールドケース (文春文庫)

 

 警察小説のプロだけに、非常に警官たちのチームワークがとても興味深く面白く読める。

» 続きを読む

| | コメント (0)

#私たちは声をあげる #CALL4 の羽田新ルート設定取消訴訟ポスター

210901_call4_graphic_b1_04724x1024 

<羽田空港新ルート設定の取消訴訟>
9/22(水)15:00- @東京地裁103号法廷
[関連情報もシェア!]
詳細はこちら。サポーター募集中!

| | コメント (0)

2021/09/06

法の支配202号は #インターネットと法

Img_1225 特集タイトルのフルネームは「インターネットを巡る近時の法的諸問題」で、別所さんの忘れられる権利、金子宏直先生のソーシャルメディア、作花先生のネットと著作物というあたりに目を奪われる。

しかし、その前に、巻頭言に櫻井龍子・元最高裁判事が「森元首相の発言に思う」という文を書いているのも興味深い。

| | コメント (0)

«#私たちは声をあげる #CALL4 のコロナ特措法違憲訴訟ポスター