2019/11/04

国際訴訟法会議2019・2日目

国際訴訟法会議2019 2日は「民事司法の説明責任と透明性」と題する総括報告を中国の先生が行っている。
興味深いフレーズがいくつか。スペインでは、「司法の説明責任は司法の独立の自然な帰結である。裁判官は独立しているがゆえに、説明責任を負う」と言っている。
日本の法曹に聞かせたい。

日本では全く正反対の考え方がしばしば公然と主張されている。

そもそも、司法の独立は、裁判官の独立ではなく裁判所の独立だと思い込んでいるところがあるが、それはいずれにしても、司法が独立しているがゆえに説明責任があるということなど夢にも思っていなさそうだ。

憲法には公開原則が定められているが、憲法解釈論として透明性というのも恥ずかしくなるような最低限の「公開」だけ、すなわち傍聴の物理的に限界のある可能性を開くことだけが憲法の要請だと考えられていて、記録の公開は裁判の公開のコロラリーとは言われていても、決して憲法上保障された権利だとは考えていない。

ましてや、説明責任などということは夢にも思わず、裁判官は語らずが良いこととして言い伝えられている。最高裁が世論の批判に「雑音に耳を貸すな」と裁判官たちに訓示した時代すらあるし、その時代のことはまだきちんと清算されてはいない。

要するに、裁判官は語らずと言っておいた方が楽なだけだなのである。

世界の常識は日本の非常識とさえいえる。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/11/02

第16回世界訴訟法会議=XVI World Congress on Procedural Law

今日から神戸ポートピアホテルを会場に、第16回世界訴訟法会議が4日の予定で開催されている。

Img_8523

基調講演は以下の三人が行った。

三木浩一「現代のコンピューター関連技術は司法手続にとって歓迎すべき友人か、それとも招かれざるトラブルメーカーか?」

Frédérique Ferrand "Faut-il s'adapter ?  De l'avenir du procès civil : reddition ou résistance ?"

Margaret Woo "Technology, the Global Economy and New Concepts in Civil Procedure"

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/10/31

comic:宇崎ちゃんは遊びたい1

今年読んだ60冊目は、ある意味すごい話題の宇崎ちゃんは遊びたい! 1 (ドラゴンコミックスエイジ)


すごい話題につられて読みました。キンドルで手軽に。 


 




» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/10/29

#膵臓がん についての記事

八千草薫さんが亡くなった。

 

膵臓がんということだったので、ちょっと検索すると、こんな記事が見つかった。

 

八千草薫さんがすい臓がんで逝去 「たちの悪いがん」と言われる理由

 

5年生存率は6%前後とされ、発見時に手術を受けられる人は、20%程度しかいません(*)。
つまり、多くの膵臓がんは、発見された時点で手術では取り切れない段階まで進行しているということです。

さらに、手術ができても、術後の5年生存率は20ー40%程度(*)。
再発が非常に多いからです。

その理由については、上記のリンク先をご参照。

» 続きを読む

| | コメント (0)

Book:パパは女子高生だった(読了)

今年読んだ59冊目である。

パパは女子高生だった――女の子だったパパが最高裁で逆転勝訴してつかんだ家族のカタチ

もうタイトルであの人かなとピンとくる。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/10/24

Book:密売人・憂いなき街

今年読んだ57・58冊目は、北海道警察シリーズの密売人 憂いなき街 (ハルキ文庫)

 

 

 

このシリーズは、最新刊の真夏の雷管 から読み始めたので、これでシリーズ全巻制覇である。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/10/20

#iPhone 世にも奇妙な裁判、そして取下げ

AFPの記事によれば

「iPhoneのせいで同性愛者に」ロシア男性 訴訟取り下げ

プライバシーを侵害されるのが嫌で取下げたというのだが、それ以前の訴え提起が奇妙キテレツだ。

 

Prosecutor

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/10/19

Justice:再審制度は基本的人権の最後の望みなのに・・・

西日本新聞が力のこもった連載をしている。

再審の不備 異議あり 法改正求め決議 日弁連・人権大会リポート(1)

10月3日4日に徳島市で開かれた大会についてである。

その第3分科会が再審法制に関するもので、再審請求審における証拠開示と検察官不服申立ての禁止を提言している。

Temis1_20191019182901

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/10/15

Carシェアリングでも車を詐取される

共同:カーシェアリングで無断売却か 被害者複数、大阪府警捜査

 

個人が所有する車を別の人に貸す「個人間カーシェアリング」で、貸し出した外国車が売却されたり、返却されなかったりするトラブルが大阪市内で相次いでいることが15日、関係者への取材で分かった。利用者から提示された運転免許証は偽造の可能性があり、車の貸主から被害届を受理した大阪府警が詐欺などの疑いで捜査している。

 

問題となっている運営事業者はNTTdocomoらしい。dカーシェア

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/10/10

security:停電対策

前回の台風で半日程度の停電を経験した我が家では、停電対策としてソーラーパネルと蓄電池を購入した。

 

 

 

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

«Femme:厚労省による困難を抱えた女性支援・報告書