2024/04/21

Book:ヒポクラテスの悲嘆

今年読んだ14冊目は『ヒポクラテスの悲嘆

シリーズ第5冊目であるが、ますます、光崎教授が記号化していて、その周りの物語となっている。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024/04/18

Book: #テミスの不確かな法廷

今年読んだ13冊目は『テミスの不確かな法廷

著者は司法記者であり、自閉症スペクトラムの判事補が主人公であるというと韓国ドラマみたいなのを想像するが、山口県と思しき地方の地裁刑事法廷が舞台である。

とても面白く読むことができた。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024/04/04

Book:ローマ帝国の誕生

今年読んだ12冊目は『ローマ帝国の誕生

 

ローマ帝国は、いつ「帝国」として成立したのか、一般的にはオクタビアヌスがアウグストゥスとされた元首制の始まりあたりを帝政の始まり的にとらえるように思うが、いやアウグストゥスがいる間はあくまで元首制でその世襲後が帝政なのかとも言われるかもしれないが、この本ではアウグストゥスは帝国の完成のように位置付けている。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024/03/26

Book:同性婚と司法 by 千葉勝美

今年読んだ11冊目は、最高裁元判事の千葉勝美さんが書いた『同性婚と司法』(岩波新書)

Justicepolonaise

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024/03/22

Book:謎の平安前期 #中公新書

今年読んだ10冊目は、『謎の平安前期

確かにあまり良く知らず、在原業平とか、百人一首に登場する人物たちとか、それなりに身近なのに桓武天皇から藤原道長までがなんとなく霧にかかったような感じになっていた。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024/03/17

Cinema:ポトフ美食家と料理人

今年見た最初の映画が邦題「ポトフ 美食家と料理人」原題"La Passion de Dodin Bouffant"

 

19世紀末のベル・エポックのフランスを舞台にした美食家と料理人の愛と悲しみの一コマを描く美しい映画だ。 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024/03/12

Arret:共通義務確認訴訟では過失相殺が問題になる事案でも支配性に欠けるものではないとされた事例

最判令和6年3月12日PDF判決全文

消費者裁判手続特例法2条4号所定の共通義務確認の訴えについて同法3条4項にいう「簡易確定手続において対象債権の存否及び内容を適切かつ迅速に判断することが困難であると認めるとき」に該当するとした原審の判断に違法があるとされた事例

事案は、仮想通貨で儲かるという触れ込みの情報商材をネットで販売していたワンメッセージという会社と、その代表者が、(1)仮想通貨バイブルというDVDと(2)VIPクラスという商品を付加したもの、そして(3)パルテノンコースを数千人もの人々に売りつけたというもので、それらは「虚偽又は実際とは著しくかけ離れた誇大な効果を強調した説明」で売却されたのであるから不法行為に該当すると主張し、特定適格消費者団体の消費者機構日本(COJ)が多数の購入者たる消費者に共通する損害賠償義務の存在を確認するよう求める訴えを提起した。

これに対して第一審は、購入した消費者の中には仮想通貨取引に経験のあるものなど投資経験が様々であるので、本件のような虚偽または誇大な効果を強調した説明を信じて金銭を支払うということについて過失がありうるし、その過失の程度は被害者間で様々であるから、簡易確定手続で一律に決めることはできないし、またそもそも説明によって誤信したという因果関係についても様々であって一律に判断できない以上、消費者裁判手続特例法3条4項の要件を満たさないのであり、訴えは不適法であるとした。この判断は控訴審でも支持され、控訴棄却となった。

これに対してCOJが上告受理申立てを行い、受理されて先日弁論が開かれ、本日3/12に判決が言い渡された。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024/03/08

Book:民事手続法と民商法の現代的潮流

敬愛する中島弘雅先生の古稀記念論文集『民事手続法と民商法の現代的潮流』(弘文堂)が刊行された。

 

Img_6593

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024/03/07

Book:大学教授こそこそ日記

今年読んだ9冊目は『大学教授こそこそ日記

以前当時のツイッターでご本人だったかが試し読みを紹介されていたように記憶している。今回はキンドル版で購入。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024/03/06

Comic:アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり (10) (11)

今年読んだ8冊目7冊目は『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり (10) (11)

アンサングシンデレラも2022年以来であった。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«Comic:作りたい女食べたい女5