2019/07/14

退職代行サービスがADRか?(追記あり)

昨日の仲裁ADR法学会で聞いて、確かめてみたのだが、今年の5月10日に、なんと、退職代行サービスが認証ADRとして認証されていた!

かいけつサポートのページ

 

非弁の問題を回避するために、手続実施者は弁護士に限っている模様なのだが、そもそも退職代行サービスがADRなのだろうか?

 

ADR法は、民間紛争解決手続として、次のような定義をおいている。

民間事業者が、紛争の当事者が和解をすることができる民事上の紛争について、紛争の当事者双方からの依頼を受け、当該紛争の当事者との間の契約に基づき、和解の仲介を行う裁判外紛争解決手続をいう。

退職代行サービスというのは、退職したい人が退職の意思を使用者に伝え、退職に伴う諸々の手続を代行してもらうものであり、その間に退職したいという意思と退職を認めないという意思との食い違いはあるので、紛争がないわけではないが、その紛争は果たして第三者が介入して和解の仲介を行うべき紛争なのか、大いに疑問である。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/07/11

Book:マチネの終わりに

今年読んだ39冊目は平野啓一郎さんのマチネの終わりに (文春文庫)

 

 

特設サイト

「たった三度出会った人が誰よりも深く愛した人だったー大人の切なく美しい恋物語 」

と書かれている。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/07/10

Twitterは言論の自由の対象か?

一般的には私企業の管理する媒体であり、しかもユーザーが自分の裁量でフォローしたり特定のユーザーをブロックしたりすることが国の保障するべき表現の自由に関わるとは思えない。しかし、米国大統領となると事情が異なるようだ。

 

米大統領批判のブロックは違憲
連邦高裁、ツイッター投稿巡り

 

共同電の上記記事によると、トランプ大統領がツイッターで自分を批判するためにリプライしてくるユーザーをブロックし、当該ユーザーが言論の自由の侵害だとして訴えたのだという。

どのような訴えなのかは全く不明であるが、ニューヨークの連邦地裁・高裁はともにブロック行為が言論の自由を保障する合衆国憲法修正第1条に違反しているとの判断を示したとのことである。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/07/09

令和騒動、にしても2019歳って・・。

「2019歳」の乳幼児に高齢者向け申請書送付

 

令和元年生まれを西暦0年生まれと誤認識して、2019歳と判断し、高齢者向けの公共交通機関の助成申請書を送付したと広島市が公表したらしい。

 

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/07/07

comics:チェーザレ(11)(12)

今年読んだ37冊目と38冊目はチェーザレ 破壊の創造者(11) (12) (KCデラックス)

 

 

 

 

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/07/06

#参議院選挙 #新潟 の #うち越さくら 選挙第一声

うち越さくら候補の新潟における最初の選挙演説です。

 

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/07/05

election:#佐藤かおり さんの新宿第一声 #参議院選挙 #比例区

» 続きを読む

| | コメント (0)

Book:倒錯の死角

今年読んだ36冊目は、倒錯の死角 (講談社文庫)


 


 


 この著者の作品は、異人たちの館以来である。ちょっとここで紹介するのを忘れていたようだが。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/07/04

参議院選挙で応援したい人 #打越さく良 さん(#新潟)と #かめいし倫子 さん(#大阪)

佐藤倫子さんがインタビュアーとなって、打越さく良さんと亀石倫子さんとが思いの丈を打ち明けます。

 まずは亀石倫子さんが語ります。

 

 続きのビデオもあります。

» 続きを読む

| | コメント (0)

参議院選挙で応援したい人たち #佐藤かおり さん #比例

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

«Book:能面検事