2022/08/19

岸田内閣が安倍晋三・菅義偉の憲法無視姿勢を踏襲して、臨時国会召集要求をスルーしていることについて

日本国憲法第五十三条

 内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

 

ところが、

立憲民主党など野党側は、閣僚と旧統一教会の関係について、政府の姿勢をただす必要があるとして、18日、憲法の規定に基づき、臨時国会の早期の召集を求める要求書を衆参両院の議長に提出しました。

立憲民主党の馬淵国会対策委員長は「旧統一教会問題はさまざまな政治家の関与が取り沙汰され、国民への説明責任を果たすのが岸田総理大臣の役割だ」と述べ、早期に召集して十分な審議が必要だという考えを示しました。

これに対し、自民党の高木国会対策委員長は「召集に関しては政府が判断することだ」と述べるにとどめました。

政府・与党は、早期の召集には応じない構えで、引き続き、教会側との関係があった議員がみずから説明し、関係を見直すことで対応していくことにしています。

NHK「旧統一教会問題で政府・与党 臨時国会の早期召集 応じない構え」より
2022年8月19日 4時46分

こんな明確な条項にも従おうとしない現政府は、菅前政権、安倍前々政権とともに、違憲政府だ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

book:俺は非情勤

今年読んだ47冊目は、東野圭吾さんの『俺は非情勤

 

てっきり、大学の非常勤講師の話かと思った。買って扉を開くと、そこには小学校の非常勤講師の活躍が待っていた。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/08/18

Book:スイス民事訴訟法概論

松村和徳先生と吉田純平先生の共著による大著『スイス民事訴訟法概論』を頂いたのでご紹介。

 

本格的な体系書であり、その歴史から日本の民事訴訟法の体系に近い形でスイス法が整理され、読みやすい。 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/08/17

Book:法情報の調べ方入門[第2版]

ローライブラリアン研究会編で、高名な同僚である指宿信教授も初版に関与していた本の第2版である。

多数の著者が関わっていて、代表者となった岩隈道洋先生はさぞ大変だったのではなかろうか。

 

 ちなみに、成城大学の法情報資料室の金澤敬子さんも分担執筆者となっている。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/08/16

Book:小林秀之『民事訴訟法[第2版]』

既に古稀記念論文集も出た著者による教科書の改訂版を頂いたのでご紹介。令和4年IT化法による改正も解説対象となった初めての教科書である。


 


 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/08/15

Book:先祖探偵 #新川帆立

今年読んだ46冊目も、新川帆立さんの先祖探偵

 

 著者は次々と新境地を切り開いていて、しかも多作というスタイルだが、これまで読んだ剣持麗子その事務所の話とか、競争の番人とか、それぞれシリーズ化されてもおかしくないキャラを設定している。今後はそのシリーズ化に乗り出すのだろうか、それとも舞台を次々と新しくしていくのだろうか?

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/07/26

CINEMA:ウェストサイドストーリー2022

話題のウェストサイドストーリー新作を、ようやく見に行った。今年見た4本目の映画。

Img_2980

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/07/23

jugement:不同意性交によるPTSD被害について国賠が認められた事例

長崎地判令和4年5月30日PDF判決原本

長崎市役所の原爆被爆対策部長が、平成19年8月における民主党政権の衆議院議長の長崎原爆忌出席の取材をしようとした女性記者を電話で呼出してホテルで同意なき性交に及び、PTSDにさせたということで、国家賠償が認められた事例。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/07/11

Cinema:東京2020オリンピックSide A/B

今年見た2本目・3本目の映画は、河瀬直美監督による東京五輪の記録映画、東京2020オリンピックSide AとSide B

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/07/08

The Welkin

2020年の七夕の夜、シアターコクーンで上演されたザ・ウェルキンを見てきた。

 

なかなか衝撃的な筋で、ネタバレしてはもったいないので断片的な感想となるが、改めて「産む性」である女性の生き方を様々な角度から垣間見られたという感がある。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«arrêt:犯罪歴のツイートを削除せよとの請求がツイッター社に対して認められた事例